なりすましメールにご注意を!!

昨日、クライアントから「パソコンがウィルスに感染したかもしれない」という相談を受けました。

相談内容は、

「取引先からメールが届いたので、心あたりはなかったが、確認の為、開封した。

メールの本文に取引先の担当者名が署名してあり、発注した覚えがないので、おかしいなと思いながらも添付ファイルを開いたところ、『ウィルスに感染しました』と表示された。

急いで閉じて、取引先に連絡をしたところ、『(取引先の)顧客を対象に同じようなメールが送られており、その対応で大変である。申し訳ないが、ウィルス対策ソフトでパソコン(クライアントの)をチェックし、さらにはメールのパスワードを変更してほしい』と対応された。

どうすればよいか。」

というものでした。

ウィルス対策ソフトによるチェック、各種パスワードの変更を行うようにしてくださいと助言を行いました。

また、クライアントが使用していたパソコンがWindows7で、来年のサポート終了を見越して代替のWindows10を用意しておられたので、念には念を入れて、パソコンを切り替えるよう提案も行いました。

その後、ウィルスチェックを実行してもらったところ、幸いにもウィルス感染は確認されませんでした。

今回のケースでは、相談内容からクライアントの取引先が先に同じような手口でウィルスに感染し、データの抜出とウィルスの踏み台としてメールのバラマキを行ったのではないかと推測されます。

このようなウィルスに感染すると、周りに被害を拡大させるのだけでなく、個人情報や各種パスワード、クレジットカードの情報などを抜き取られる可能性があるので、気を付けなければなりません。

また、迷惑メールやなりすましメールには、amazonや楽天、apple等を語るものなど、いろいろな類例がありますので、事前知識として類例を知っておくことも大切です。

日本サイバー犯罪対策センター(下記サイト)には、いろいろなメールの類例が紹介されていますので、参考になります。

https://www.jc3.or.jp/topics/virusmail.html

 

メールの使用は、仕事では必須なので、使用する際には、

・身に覚えのないメールが届いた時は、知り合いの会社でもむやみに開封しないこと。

・添付ファイルやダウンロード促すリンクなどはクリックしないこと。

を念頭に安全な使用を心がけましょう。

 

 

来居港に寄ってきました

11月21日(木)に、西ノ島町出張に合わせて、知夫里島の来居港に寄ってきました。

知夫村・ジオパークPRコーナーでは、大型ディスプレイによる知夫里島のPR動画と、赤壁の大型模型が展示されています。

港内を覗くと、ガット船の荷役中に、隠岐汽船のフェリーが入港してきました。

DSC_0886

DSC_0895

 

ボーリングコアによる展示

奥出雲多根自然博物館の3階に、奥出雲町展示コーナーがあります。

奥出雲町に係わる各種の展示の中で、ボーリングコアが展示されています。

温泉調査で試掘されたボーリングコアで、数千万年前における温泉水の貯留の痕跡を見てとれるだけでなく、鉄穴流しが行われた理由も知ることができます。

ボーリングコアが、地域の歴史・文化を伝えてくれています。

DSC_0781

DSC_0780

DSC_0782

 

ジオテクセミナーに行ってきました

9月27日(金)に、ジオテクセミナーに行ってきました。

セミナーでは、弊社の藤井社長による「ドボク模型」の講演がありました。

また、別の講師の方からは、地すべりに由来する地名について講演がありました。

高速道路の整備でも、地すべりに由来する地名に注意するそうで、大変、興味深い講演でした。

今後、防災に携わるうえで、改めて、地域の地名に着目してみようと思います。

 

DSC_0753

DSC_0752

建設技術セミナーに行ってきました

9月12日(木)に、建設技術セミナー2019に行ってきました。

「生産性革命を実現するAI・ICT」をテーマに、機械学習・AIの基礎と建設現場への応用事例の紹介がありました。

Society5.0は目前のようです。

DSC_0669

Windows10のアップデートについて

Windows10のバージョンは2015年にバージョン1507が発表されて以降、同年に1511、2016年に1607とバージョンアップを重ね、一昨年(2017年)からは1703、1709と半年に一回バージョンアップするようになっている。

昨年(2018年)は1803、1809とアップデートを重ね、今年の5月19日にはWindows10のバージョン1903が発表された。

9月12日現在で1903の発表から4ヶ月近く経過している。

これらの定期的なバージョンアップに伴い、各バージョンのサポートの終了も順次行われている。

1507~1709までのバージョンは、今年の4月9日までに順次サポートが終了している。

1803も今年の11月12日にサポートが終了するため、1803までのユーザーは、1903にアップデートすることが望ましい。

なお、古いバージョンからの最新バージョンへのアップデートは、場合により困難を極めるので、なるだけこまめにアップデートを刻むことが望ましい。

 

各OSのサポートについては、以下のリンクを参照

Windows ライフサイクルのファクト シート

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/13853/windows-lifecycle-fact-sheet